DavePerthのオーストラリア生活記&海外旅行記

オーストラリア永住者の現地情報(生活・サーフィン・アウトドア)や海外旅行記など

ボルネオ島初上陸2016 ~目指せオランウータンとジャングル~① コタキナバル編

<初上陸!憧れのオランウータンと野生動物の島>

 

《野生の王国・ボルネオ島初上陸 》

2016年、ついに以前から気になっていた、ジャングルと海の大きな島・ボルネオ島に行ってきた。

以前はジャングルとかワイルドな環境は好きだったが、そこまで野生動物に対して強い興味は持っていなかった。

だが、その2年前ネパールでヒマラヤトレッキングをした後何となくにジャングルの方に移動してそこでトラを探したり、巨大なサイに追い掛け回され危うく殺されそうになったりと、そんな経験をしたらワイルドライフを求めて探検する面白さに今更ながらに気付いてしまった。

そこでこのボルネオ島と隣のスマトラ島にしか現存生息していない、絶滅危惧種の野生のオランウータンにジャングルの奥地で会ってみたいと思いこの旅行を計画した。

 

パースからシンガポール経由で、ボルネオ島・東マレーシア領サバ州の州都・コタキナバルにやってきた。

 

  一言目の感想は、、
暑い。。。

ここは熱帯なので単に暑いだけでなく湿気がある、シャトルバスで街の中心まで出て宿を探した。

f:id:DavePerth:20190523161315j:plain

コタキナバルのメインから一本裏に入った道。汚い

 

今日の夜中に日本から一人知り合いが来て、最初の数日だけ一緒に旅するのだが、ロンリープラネットに乗っていた一軒の宿で待ち合わせよう!という事になっていた。

が、しかし、、、あるはずの場所を探し回って何度も同じ通りを歩いても無い!!

結局近所の店の人に聞くとその宿は潰れたとのこと!

ああああああああ!

勿論予約などしてないので仕方がないのだが、もはや宿自体が消えていたとは!!

 

それで急遽近くにあった、”Lucy's Homestay"という古いゲストハウスに宿をとったのだが、ここは勿論エアコンなども無く水シャワーしかない。しかし母と息子で主に宿を切り盛りしており、後々色々と情報をくれたり面倒見てくれたりと大変親切な親子だったので泊まって良かったな。

ただここで問題なのはこれから飛行機で向かって来るであろう友人にホテルが変わった旨を伝えなくてはならないのだが、チェックイン直後はこの宿のWifiの調子が悪く中々繋がらないので、友人にこの場所に変更になったことを伝えようがない。

この時はまだUnlocked(シムフリースマホではなかったので、空港で現地のシムカードも入れることが出来なかったし、携帯WiFiを持ってくるべきだった~~!と後悔した。

まー結局近所のカフェでフリーWifiが接続出来る所を見つけそこから連絡したので、後は空港から街に向かうまでの間に友人がネット環境を見つけてこの場所に辿り着くのを祈るばかりである。

こんな時携帯のWifiは便利だな、とつくづく思った。特に日本の人のスマホはまだUnlockedの物を使ってる人が少ないと思うので、現地シムカードを気安く入れる事が出来ないので携帯Wifiは重宝すると思う。

ちなみに俺はいつも日本に行く時は日本国内用の”イモトのWifiを使用しているが、値段の割に無制限のGBがついていて使い放題なので活用している。ちなみに下の奴の海外版は日本の人が海外に持っていく用と両方あるので便利。

 


 

 

 そして町の散策などに行き、ひたすら歩きまわった。

とにかくまずは歩ける範囲で色々と動いていると、中々イスラム色の濃い食堂があったりして雰囲気はマレーシアの西海岸の田舎街に似ている。

この街自体にはそれ程見どころが多いわけではなく、海沿いにちょっとおしゃれなレストランやパブ、そして観光客のお約束・ナイトマーケットがあってそこら辺が観光客がうろつく中心地みたいだ。

f:id:DavePerth:20190523171659j:plain

イスラム系食堂。24時間開いている所も多い

《コタキナバルと言えば、ナイトマーケットでシーフード❢》

そして暗くなってきたので早速ナイトマーケットでシーフードを行って見よう!と海沿いに向かい、行って見るとそこだけ確かにやたら活気があり同じような海の幸を売っている屋台がずらっと並んでいる。

やっぱりここに来たらまずシーフードでしょ!!

なので明日友人と来てみようと思う。

f:id:DavePerth:20190523172653j:plain

こんな感じの屋台がずらっと並んでいる!

f:id:DavePerth:20190523172836j:plain

人が全然いないのにライトアップされている。

その後夜遅く宿で無事に友人と合流する事が出来た。

 

そして翌日は朝ウォーターフロントの辺りをブラブラした後、その後行く場所の手配を行ったりした。このボルネオ島サバ州は見どころがジャングルの奥地にあったりして、前もってボートなどを手配しておかないとそこに行けなかったりするので、その辺完全行きあたりバッタリというのが少し難しいかも。

そして今回はこのサバ州の象徴という、キナバル山(標高約4100m)の登山も目的のひとつなので、そちらも事前に全て予約をしていかないと政府から登山許可が下りないので、ブツブツ文句言いながらもその予約を済ませたりした。

 

f:id:DavePerth:20190523194954j:plain

朝のウォーターフロント。島に行く船がたくさん停泊している

そして夜は待望のナイト・マーケットに友人と行きシーフードを腹いっぱい食った。

イカや貝のBBQに加え、何と言ってもメインはロブスターでしょ! とまるごと一匹オーダーし、オーストラリアではとても高級でなかなか食べれない食材を食べ満足した。

f:id:DavePerth:20190523173805j:plain

活気あふれるナイト・マーケット。シーフード以外も勿論ある!

f:id:DavePerth:20190523173949j:plain

ロブスター!イェイ!!

f:id:DavePerth:20190523174135j:plain

現地語でラトゥと呼ばれる、海ブドウの一種。コリコリした食感がいい

《コタキナバルへのアクセス》

ちなみにこのコタキナバルには成田からも何と週2便直行便が飛んでいる!!
その便を飛ばしているのはマレーシア航空なのだが、マレーシア航空はパースにも週一便直行便をコタキナバル間に飛ばしている!!
この2016年の時でなく、つい最近その直行便を使ってみたのだが、普段エア・アジアXを使っていたせいかそのサービスの違いにびっくりした!


まずアテンダントの質が格段に良く、乗客を名前で憶えていた。俺も日本人と分かったのか日本の出身などを聞かれフレンドリーで丁寧な接客に驚かされた!実際荷物やら食事やら足していくとエア・アジアと値段変わらなくなるし。。エア・アジアはしょっちゅう遅れるし、本当お勧めしない。。。安かろう悪かろうの典型だ。。。

まーボルネオ島・コタキナバルに興味のある人は直行便がお勧めなので、下のマレーシア航空のサイトから直接予約するのが一番簡単だと思います。

 

明日はブルネイだ!!

 

マレーシア航空